低用量ピルの値段の相場は?実際の利用者に聞いた費用とコスパが高い入手方法など

低用量ピル

今回の記事では低用量ピルの値段の相場や入手方法などについてまとめました。

低用量ピルの値段の相場は2,001円〜3,000円/月が最多

実際に低用量ピルを使用している20人に値段のアンケートをとった結果は以下の通りです。

1ヶ月あたりの費用として「2,001円〜3,000円」が45%と最多でした。

この結果から、2,001円〜3,000円/月が一般的、2000円/月以下は少し安い3,001円/月以上は少し高いと言えそうです。

低用量ピルの入手方法は?

 

現在の低用量ピルの入手方法としては、「病院やクリニックへの受診」が最多でした。

一方、今後試してみたい入手方法としては「オンライン診療サービス」が75%で最多となりました。

主な回答の詳細は以下のとおりです。

<オンライン診療サービスを使った受診>
現在産婦人科で処方してもらっていますが、待ち時間が長くお産が入ると別日にいく必要があるため。
(宮崎県/30代/女性)
<オンライン診療サービスを使った受診>
内科や産婦人科に行って他の患者さんや先生に合わなくても薬を貰えるから
(福岡県/30代/女性)
<オンライン診療サービスを使った受診>
診療時間内にクリニックに出向く必要がなく、予約を入れれば夜間でも自宅や出先から診察が受けられ、自宅でピルを受け取れるのは便利。
(神奈川県/30代/女性)

オンライン診療サービスのメリット・デメリットは?

オンライン診療サービスは近年普及しつつあるサービスであり、スマホ等からWEBやアプリで医師の診察の上、ピルは郵送などで送ってもらえます。

主なメリット
・病院やクリニックに直接行く必要がない
・医師の診察を受け、正しい手順でピルを入手出来る
・通常の病院、クリニックが休診の時間帯でも処方してもらえる可能性がある
・周りの目を気にする必要がない、医師との診察も直接対面でないため話しやすいと感じるケースも
主なデメリット
・オンラインのため血液検査はできない
・通常の病院、クリニックより値段が高いことがある
・現時点ではサービスの種類がそこまで多くない

上記のように、「病院やクリニックへの受診」「海外の通販や個人輸入」の良いとこ取りをしたような形になります。

注意点として、血液検査ができないため定期的に別途検査を受けることが推奨されますが、健康診断のついでなどで受ける等で対処しやすいデメリットです。

値段に関して近年では徐々に下がっている傾向があり、送料を除けば普通の病院やクリニックと差がないケースも増えています。

また、サービスの種類も徐々に増えている状況であり、身近な選択肢になってきています。

オンライン診療サービスはどのようなものがある?

オンライン診療サービスは現在は複数の種類があり、値段や特徴に違いがあります。

代表的なサービスの中には、薬剤師等の無料相談サービスや医師を自分で選択できる特徴を持つものもあり、ユーザーとしても使いやすいものとなっています。

以下の記事ではオンライン診療サービスのおすすめ3選をピックアップし、値段や特徴などを比較しているので併せて確認してみてください

>> 低用量ピルのオンライン診療サービスのおすすめ3選まとめ

タイトルとURLをコピーしました